トップイメージ
近年、ツイッターやフェイスブックの利用者が増え続けており、今ではこういったSNSでコミュニケーションを取ることが当たり前になってきました。しかし、昨年の夏ごろから、ツイッターやフェイスブックによる炎上騒ぎが目立つ様になりました。 例を挙げると、ある飲食店のアルバイト店員が不謹慎な画像をツイッターで投稿した事によって、飲食店にクレームが殺到し、閉店することになってしまったのです。しかも、飲食店を経営する企業が投稿したアルバイト店員に対して損害賠償を請求したそうです。フェイスブックでも同様に、炎上騒ぎが度々起こりました。 ツイッターやフェイスブックといったSNSは主に若者が利用しており、その若者が「どうせ、身内しか見ないだろう」と軽い気持ちで不謹慎な投稿をしている様です。SNSはネットで全世界に繋がっているので、常に他人に見られている事を意識するべきです。 ツイッターやフェイスブックはとても便利なものですが、無責任な投稿は控えて欲しいものです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.paramountservices.biz All Rights Reserved.