トップイメージ

外為取引(FX)の投資をする上での的は、各国の公式貨幣なのです。77-3-61

貨幣に関して勉強してみようと計画しています。77-5-61

・公式貨幣には「基軸通貨」という呼び方でよばれる公式通貨がございます。77-7-61

基軸通貨とは、世界各国間の決済そして金融商品の取引において重視して使われる公式貨幣のことを言いますが、今はアメリカ合衆国ドルになります。77-19-61

往年は£(イギリスポンド)基軸になる通貨だったのですが第二次世界大戦の後はアメリカドルになったのです。77-10-61

・FXで取引き可能な通貨の種類においては、他で言う外貨での投資と比較してみた時めっぽう頻繁というのが特徴です。77-17-61

FX専門業者間によって、取り扱っている貨幣の種類に際しては違ってきますが、通常では20種類前後あるようです。77-20-61

動きが大きくなっている公式通貨をメジャー通貨と呼びます。77-14-61

流動性が高いが表すことは取引きが積極的に実施されておりまして、公式貨幣のビジネスが簡便なという事を意味します。77-18-61

重要な通貨には上記において述べました基軸の通貨である$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、日本円、ユーロ(?)3種の通貨がございまして、世界三大通貨と呼ばれています。77-12-61

スイスのフラン、カナダドルなどが準メジャー通貨と呼ばれています。

これらの通貨以外の変動が低い通貨はマイナー通貨と言われて、国の力や経済力が乏しい国の通貨で南アフリカランドやインドルピー、トルコリラなどが重要な通貨については、物流されている程度が膨大ですという事もあって、値の変動が横ばいで、ニュースの数も豊富なようです。

マイナー通貨については、利息が高い額な場合が多いから価格の起伏が大きいそうです。

値動きがかなりあるいうことは、大きなもうけを利得するチャンスが存在しますが利益を得る機会がある分危うさも大きい事があります。

その上流動する性質が小さい流通貨幣ですので、フィックスしたい時でも終了が及ばない状態になり得る事があります。

何の通貨を選別するのかは、ケースバイケースの公式貨幣の特徴をじっくりと検証してから実践する事は大事であると思いました。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.paramountservices.biz All Rights Reserved.