トップイメージ

車での事故に巻き込まれた場面で自分が交通事故の被害者であるにもかかわらず、事故を起こした方が責任をちっとも受諾しない場面はかなり存在します。80-17-61

例をあげれば、意思と関係して起こってしまったのではなく不注意で乗用車をぶつけられた場面などに、言い合いになってしまう場合がありがちです。80-5-61

かといってその場で自動車のみの損害して片付けられ時間が経って後遺症が現れた時に、通った病院の診断書類を警察署に提出するということは対処が遅くなるのは仕方がなくなります。80-12-61

では、車での事故の過失割合の確定にはどのような判定基準が設定されているのでしょうか。80-13-61

しっかりと申しますと、警察が判断するのは、主として事故の大きな落ち度があったのはどちらであるかという内容であり割合というわけではありません。80-7-61

さらに言えば、最終的に明確にされた事故の過失があった人が警察署から公表される状況は全くありません。80-20-61

このため、「過失割合」は当事者の相談により決定され、この結果が損害賠償額の算定の根拠です。80-15-61

この場面で、双方共に任意で加入できる保険に加入していない時には、お互いがダイレクトに相談することしかできません。80-14-61

ところが、こういった協議では、非理性的なやり取りになる可能性が多いです。80-16-61

それに加えて、互いの言い分が食い違えばまかり間違うと、訴訟になりますが、それでは長い年月と裁判費用かなり大きなマイナスとなります。80-2-61

なので概ね、お互いの運転手についている保険会社、こういった両者の保険会社にやり取りを任せる方法を駆使して、適当な過失割合を冷静に決めさせます。

そういった時、自動車の保険会社はそれまでに起こった自動車での事故の訴訟の裁定から計算した判断基準、判例集を元に、想定と調整を交えて過失割合を決めます。

そうは言っても、自動車での事故においては、遭遇したのか起こしたのかには関係なく、まず最初に警察に連絡するのが大切です。

その上で自動車保険の会社に連絡してその先の交渉を任せるのが順番となります。

順番さえ分かっていれば、両方の無意味な協議となる事を未然に防止できます。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.paramountservices.biz All Rights Reserved.